ホーム > 日記 > 最近はまった事

最近はまった事

「スプレッド」とはFXは外貨を買ったり、売ったりすることによって利益を狙う取引です。

 

買ったり売ったりの価格は上下しています。

 

これが為替レートです。

 

ニュースサイトを見ているとドル円やユーロ円のレートの情報が流れる時があります。

 

よくあるのが「本日のドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという事ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを表現しています。

 

すなわち、トレードには買いと売りの値段があります。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表している取引業者もあったりします。

 

普通は売値の方が安価に設定されています。

 

買うときには高く、売るときには安くなっています。

 

この差額をスプレッドといい、FX業者の収入のひとつとされています。

 

スプレッドの差は取引会社によって変化します。

 

スプレッドの差は投資家にとって経費になるので小さい取引業者を選んだほうが有利です。

 

ただ、場面によってスプレッドは拡大したり、縮小したりします。

 

例えばいつもはドルと円の組合せで1銭のスプレッドの狭さだったとしても、市場の変化がとても大きい場面では3銭、4銭になる事があります。

 

なので、スプレッドが小さいのと同様に、変化しないということが重要です。

 

最近では固定でスプレッドの差を見せる取引会社も多くあります。

 

リアルに取引会社の取引画面の中でマーケットを見なければわからないのでわずらわしいですが必要不可欠な事です。

 

重要な資金を使って注文をするわけですから、実際のトレードの前に魅力的に思えたFX取引会社の新しい口座開設を全部して提示されているスプレッドの狭さをチェックしましょう。

 

同じ通貨でも、その時点の市場の状況によって、スプレッドの広さは変わることがあります。

http://blog.livedoor.jp/myokomiyoko/

たいがい、インターバンク市場で取引量の多い通貨の組合せではスプレッドが小さく、別の通貨ペアではスプレッドが広くなる傾向にあります。

 


関連記事

  1. ユニクロの極暖

    まだまだ寒い日が続きますが、この冬を乗り切る素晴らしいアイテムを見つけて嬉しい私...

  2. 多肉植物

    お花屋さんに行ったら、お盆でお花が高いといわれたので前から気になっていた、 &n...

  3. 最近はまった事

    「スプレッド」とはFXは外貨を買ったり、売ったりすることによって利益を狙う取引で...

  4. ポジションについて

    どこにでもある初心者用のFX取引の書籍では、「マイナスになった場面ではナンピンを...

  5. 負債額を偽って増大

    免責不許可事由とは破産宣告が出された人を対象として、これこれの件に含まれている人...