ホーム > 日記 > ポジションについて

ポジションについて

どこにでもある初心者用のFX取引の書籍では、「マイナスになった場面ではナンピンをすることで、ポジション全体の価格を小さくする事が出来る」と書かれている事もありますが実際にはこれは大きな罠が待ち受けています。

 

まずは、ナンピンの原理についてごく簡単に記述します。

 

仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。

 

$(ドル)買いのためドル高になればなるほど利益が大きくなるわけですが、思い通りに行かず1ドルが95円まで円高が進んだとします。

 

このままの状況で維持し続けたとしたら損がなくなるまでには円高になった分円安ドル高に向う必要があります。

 

誰もが、損失は出来るだけ早く回復したいと願うだろう。

 

この状況を変えるため最初に注文したのと同じ分の$を売買します。

 

それによって、ポジションの平均の買い付け価格は1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。

 

つまり、2円50銭の幅でドル高に推移すれば、損を回復できます。

 

こういったことがナンピン買いの理屈です。

 

ナンピンの理論を知ると、「なるほど」と考えたりするが、そう易々と思った通りにはなりません。

 

だいたい、1ドル95円以下にならないとは予想できません。

 

仮に、市場が相当のドル安の流れであれば、1ドル95円では下げ止まらずにより一層円高に進む確率はあります。

 

ひとつの例として、1ドル=97.50円でナンピンをした時に1ドル=95円まで円高ドル安に向ったらナンピンした分にも、赤字が生まれてしまいます。

 

この状態では、初めに注文したドルと全部で2倍のマイナスが生まれます。

 

この例のように、ナンピンは難解です。

 

それならば、マーケットが自分自身の脚本とは反対の方向にさっさと行ってしまった場合、いかなる方法で危機の確率を回避すればいいのでしょうか。

 

この場面では選べる術は2つだけあります。

 

ひとつめは執着しないで、損を確定する事です。

 

もうひとりは自分自身が保有しているポジションを縮小することによって、再び市場が元のようになるのをじっと待つ事です。

 

後ろ向きな手法だと感じる人もいます。

 

けれども、自分が所有している買いポジションにマイナスが出た時最も適切な対策はこの他には期待できない。

 

当然、考え方としてはナンピン買いする手法も効果的です。

 

けれどもナンピンは自身が損失を披っているのに買いポジションを減少させるどころか、遂に買いポジションを重ねていく対策です。

 

この手法では、危険性を管理することなどどう考えてもやりようがないと考えるべきです。

 

ナンピン買いをし続けられればやがては勝てるかもしれない。

 

しかし、その前にお金はマイナスになってしまいます。

 


関連記事

  1. ユニクロの極暖

    まだまだ寒い日が続きますが、この冬を乗り切る素晴らしいアイテムを見つけて嬉しい私...

  2. 多肉植物

    お花屋さんに行ったら、お盆でお花が高いといわれたので前から気になっていた、 &n...

  3. 最近はまった事

    「スプレッド」とはFXは外貨を買ったり、売ったりすることによって利益を狙う取引で...

  4. ポジションについて

    どこにでもある初心者用のFX取引の書籍では、「マイナスになった場面ではナンピンを...

  5. 負債額を偽って増大

    免責不許可事由とは破産宣告が出された人を対象として、これこれの件に含まれている人...